チェックが肝心

B型肝炎が引き起こす病気として、もう一つ特筆すべきものがあります。それが「肝臓ガン」です。肝臓ガンというと、おそらく多くの人が抱いているのは「飲酒」などの生活習慣が原因となっている、ということではないでしょうか。確かに飲酒を頻繁にする、ということが原因となることもありますが、全体の割合としては多くはありません。肝臓ガンの原因の9割は「肝炎ウイルス」である、ということが知られています。特に、B型、C型肝炎のウイルスによって肝臓ガンが引き起こさえる可能性が高いのです。

これらのウイルスというのは、感染すると肝臓の奥に入ります。発症しない場合でも、そのままウイルスが残り続けることになります。その際、このウイルスが何も悪さをしないのであれば良いのですが、肝臓内の遺伝子にダメージを与えてしまうことがあります。遺伝子には細胞分裂の設計図が含まれているため、ここに傷が入ると正しく細胞分裂が行えなくなります。その結果、無尽蔵に分裂してしまうことで発生するのが「ガン」という病気です。現在では奥底にあるウイルスを排除できる治療薬なども登場しています。まずは検査を行い、自分の肝臓にウイルスがいないかどうかチェックすることが肝心です。