B型肝炎について

集団訴訟問題などもあり、多くの人に知られるようになったのが「B型肝炎」という病気なのではないでしょうか?院内感染などの問題が大きく取り沙汰されていますが、この病気の内容自体に関してはそれほど着目されていないと言えます。そのため、どのような症状が発生する病気なのか?ということについてはあまりしらない人も多いのではないでしょうか。

参照サイト⇒B型肝炎訴訟・給付金請求なら弁護士法人アディーレ法律事務所

B型肝炎はウィルス性の病気で、感染してから数ヶ月程度の潜伏期間を置いて発症します。ただ必ず発症するわけではなく、人によっては感染しているものの発症しない、というケースがあります。初期症状は風邪に似ており、B型肝炎である、と自分で判断するのは難しいと言えます。具体的には、食欲不振や発熱、吐き気や嘔吐などの症状です。この時点で気付いて病院に行くことが出来れば早期治療を期待することができます。悪化すると、黄疸と呼ばれる症状が発生し、尿や便の色が変わることがあります。

このB型肝炎という病気は、基本的には治る病気です。適切な治療を行なうことが出来れば、特に大きな被害を出すこと無く症状を抑える事ができます。ただ、体質や併用している薬などの影響によって慢性化してしまう可能性もあります。さらに、極めて低い可能性ではあるものの、「劇症化」が起こることがあります。これは、発症直後から一気に症状が進行し、6から7割の人を死に至らしめるという症状です。ここでは、これらの症状が起こるB型肝炎について詳しく紹介します。